会員情報イベントのご案内活動紹介リンク集E-mail
new

・平成27年7月27日会員情報及びリンク集を更新しました。

・Facebook人吉市役所経済部人吉の農・商・観情報をトキドキ発信より物産展の情報をお知らせしています♪

   
概要

人吉市の概要と特産品

面積210平方キロメートルで全体の約70%を山林が占める人口約3万5千人の地方都市「人吉市」は、宮崎県と鹿児島に境界を接する熊本県の南部、九州山地の千メートル級の山々に囲まれた盆地に位置しています。この人吉盆地の中を東西に貫流する日本三大急流の一つである球磨川は多数の支流を持ち、寒暖の差が激しいこの地に幻想的な霧をもたらします。

歴史は古く、鎌倉時代初期に地方豪族を平定した相良氏が明治維新までの700年もの永い間統治し続けたことから、旧城下町は「九州の小京都」といわれるほど落ち着いたたたずまいを形成し、独自の文化、伝統工芸、風俗、芸能、物産が継承されることとなりました。

緑豊かな山林がもたらす木々が木工業を繁栄させ、人吉挽物や民工芸品を代表する「きじ馬」、「花手箱」といった伝統的な郷土玩具が作り出されました。勿論、山産物も豊富で椎茸、お茶、梅などの製品も作り出されています。清流球磨川の恵みから水と米にちなんだ特産品も多く、鮎、豆腐、漬物、みそ、しょうゆ等は絶品です。なかでも人吉球磨産の良質の米を使用した本格焼酎「球磨焼酎」は「世界のブランド」として認められています。お菓子も、温泉、球磨焼酎、梅、鮎、お茶などの特産と季節をイメージした商品があります。特に饅頭やもなかが気軽な土産品の定番となっています。「人吉の鍛冶」についてですが、人吉市に鍛冶屋町という町内があり、今でも伝統的な工法を受継いだ職人達が手打ちで刃物を製作されています。このように自然と歴史が調和した「めずらしいもの」、「うまいもの」が「人吉市」の特産品として多数そろっています。

人吉市街写真

当協会は、昭和43年の発足以来、当地方の長い歴史に培われた特産・土産品等の保存、新商品開発の促進、そして展示即売会等を通じての販路拡大など、様々な事業を積極的に展開し、人吉とその観光をも併せて情報発信してまいりました。

ここ数年、長引く不況と生活様式の多様化や流通及び物流機構の改革がもたらした価格破壊などが重なり合い、我々製造業等を中心とした中小地場企業は大変厳しい状況となりました。

このような状況の中、当協会ホームページを開設し、会員をはじめとした様々な情報を広く早く正確に発信することにより「ひとよしの特産品」の需要拡大、ひいては市経済の活性化、そして観光客の誘致を期待しております。

これからも当協会がさらに飛躍できるよう、一層の努力を重ねてまいりたいと考えておりますので、皆様方のご指導、ご支援を切にお願い申し上げます。


人吉物産振興協会 会長 山賀 勝彦



COUNTER
(事務局) 人吉市役所商工振興課 TEL0966-22-2111
Copyright©2006-2008 Association of Hitoyoshi product promotion All right reserved.